【平兵衛くん10】次回バージョンアップ内容~Mバー壁・印刷エクセル出力~

image_pdfimage_print

2018年11月末に予定している平兵衛くん10のアップデート内容です。

まだ実装されていませんが、アップデート前に内容をご確認ください。(画像はクリックで拡大表示可能です。)

予定より遅れておりますが、12月中には実施致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

平兵衛くんVer10.03.000アップデート内容

*Mバー壁の拾い出しが可能になります。

①Mバー壁の仕様について

②Mバー壁の種類を登録する

③Mバーの部材登録をする

④集計結果の出方について

 

*図面印刷をエクセルに出力するように修正されます。

①印刷設定画面

②図面の印刷範囲を調整する方法

 

 

1.Mバー壁の仕様について

拾い出しイメージは上図になります。

デフォルトは縦胴縁の場合はW-S-S-S-S-W、横胴縁の場合はW-S-S-Wになります。

 

パターンの変更は【各種設定】>【割付設定】より行うことが出来ます。

 

 

2.Mバー壁の種類を登録する

【各種設定】>【間仕切設定】より拾い項目を追加します。

【OK】ボタンで保存をすると、間仕切入力モードのMバー壁に項目が追加されます。

 

 

3.Mバーの部材登録をする

詳細部材登録画面では下図のように設定を行います。Wバー・Sバーは長さごとの集計を行うので、『スタッド高集計』にチェックを入れてください。

 

4.集計結果の出方について

スタッド高さ集計を設定しているため、長さ×本数を出力します。

また、天井下地と同様の部材を登録していても仕様は間仕切りで出力されるため、天井下地のバー材とは区別されます。

 

 

 

1.印刷設定画面

【印刷】ボタンを押すと印刷設定画面が開きます。

画面下のチェックボックスより印刷したい項目にチェックを入れます。

【Excel出力】を押すとエクセルが起動します。

※印刷設定画面でチェックを入れた時点では、プレビュー画面は変わりません。
 エクセルに出力後、ご確認ください。

下図のようにエクセルに出力されます。印刷は【ファイル】>【印刷】より行ってください。

 

2.図面の印刷範囲を調整する方法

図面は画像として出力されます。

書式メニューより【トリミング】を選択し、範囲を指定します。

画像をトリミングしたら、全体のレイアウトに合わせて画像の拡大・縮小作業をしてください。

Shiftキーを押したまま画像の角を引き延ばすと、画像の縦横比を固定したままサイズ変更が出来ます。

投稿者: 永田