【坪拾い】間違えた形状の外壁線を修正する~屋根~

image_pdfimage_print

外壁線確定後に【元に戻す】を使うと、最初から書き直しになってしまいます。
部分的に直した方が早い時は、【編集】を使うのが便利です。

≪使用例≫

実際はバルコニーの部分に屋根がないので、外壁線が不要な部分(赤い点線部分)を編集します。

【屋根形状設定】【編集】

外壁線のみの表示になります。

編集したい辺を含む頂点を二か所選択します。
まず、始点を決めてクリックします。赤い点が表示されます。
20161020-1
外壁線の上に矢印が出てきます。マウスを動かした方に表示されますので、
矢印が進行方向に向いたところでクリックします。
20161020-3
終点を決めてクリックします。青い点が表示されます。
20161020-2
『外壁線作成』の画面が出てきます。外壁線入力の要領で、赤い点から青い点までの寸法を入力します。
「5460」と入力、キーボードの矢印キー【←】

「910」と入力、キーボードの矢印キー【↓】

「3640」と入力、キーボードの矢印キー【←】

最後は数字を入れずにEnterキーを押します。青い点までを結んで形が完成します。
屋根形状を再度選択します。

必要に応じて軒袖の編集を行うと完成です。
20161017-13

投稿者: 水谷