きれいに早く!入力の時のポイント

image_print

外壁入力や屋根入力両方で使える操作ポイントです。
綺麗に早くかけるワンポイントを3つ紹介します。

1.水平垂直モード切り替えはShift キーで(外壁、屋根面を手動で囲むとき)
2.斜め線は最後に入力する(外壁、屋根)
3.shift+Ctrlで直線を入力(外壁、屋根面手動、屋根伏せ)


 

 

1.水平垂直モード切り替えはShift キーで(外壁、屋根面を手動で囲むとき)
斜めの線は【フリーモード】でしか入力できませんが、まっすぐな線はその都度【水平垂直モード】に切り替えていただくことが、直線がゆがんだりせずにきれいに入力できるコツです。
しかしこの切り替え、マウスクリックだと結構手間がかかりますよね。
そんな時は、ショートカットキーとして【Shift】 キーを使ってください。押すたびに【フリーモード】【水平垂直モード】が切り替わります。空いている方の手で切り替えできるので、作業時間が短縮できるかと思います。

 

20150723-2

 

 

2.斜め線は最後に入力する(外壁、屋根)
こちらも【フリーモード】【水平垂直モード】の切り替えに関係しますが、斜めの線は最後に持ってくるように入力してみてください。外壁や屋根を閉じるときの最後のダブルクリックは、【水平垂直モード】のままであっても直線で始点に戻ります。そのため、斜め線を最後に持ってくることで切り替えの手間が一回減ります。

20150723-3

3.shift+Ctrlで直線を入力(外壁、屋根面手動、屋根伏せ)
最後から一つ手前の頂点を入力する際、【shift】+【Ctrl】を押しながらダブルクリックすると、直角で形を確定します。最後まで寸法を入力する手間が省けます。

20150723-4

投稿者: 水谷