【平兵衛くん・平兵衛くん防水版】グリッド機能の使い方

image_print

平兵衛くん、平兵衛くん防水版の「グリッド機能」についてご紹介します。

◇グリッド機能とは

図面上に、入力の目安となる線や点を作る機能です。

割付の基準点を決めたいとき、開口の位置を細かく指定したいときなどに便利です。

「吸着ON」の状態で入力した場合、グリッドの位置にマウスが吸着します。

グリッドには大きく分けて「均等グリッド」と「任意グリッド」の2種類あります。

均等グリッド:図面上に縦横に引いた格子を作る機能。方眼マスのようなイメージ。

任意グリッド:基準線が必要な部分のみグリッド線を作る機能。

◇グリッド機能の使い方

画面左側の拾い項目から、【グリッド】ボタンをクリックします。

グリッドメニューに切り替わります。

主な機能の使い方をいくつかご紹介します。

1.均等グリッドを配置する場合

①【均等】をクリックします。

②[グリッド均等設定]に情報を入れた後、【OK】を押します。

③グリッドを配置する位置に合わせて左クリックすると、均等グリッドが出来上がります。

2.任意グリッドを作る場合

【任意】をクリックします。

②グリッドを引きたい位置にマウスカーソルを合わせます。

 縦グリッドの場合→左クリック 横グリッドの場合→右クリック します。

1クリックで、グリッド線を1本引くことができます。

3.任意グリッドを指定した場所に移動・コピーする場合

【移動】または【コピー】を選択します。

②移動またはコピーさせたいグリッドを左クリックします。

③値設定の画面に数値を入れ、線を作りたい方向の矢印キーを押します。

例)1000mm右にコピー  【1000】【→】

指定した場所にグリッドラインができます。

☆その他の機能紹介

【中心線】:グリッドとグリッドの中央ラインに線を引きます。

【ポイント配置】:図面上にマウスの吸着点を作ります。

【オフセット】:グリッド全体をX、Y方向に指定した値ずらします。

【色変更】:グリッドの表示色を変更します。すでに配置した後のグリッド線の設定です。

【削除】:選択したグリッドを削除します。

【全削除】:図面上のグリッドをすべて削除します。

【距離測定】:指定した2本のグリッド間の距離を測定します。

【戻る】:通常の入力モードに戻ります。

※注意 グリッド線は印刷には反映されません!

投稿者: 横山