【どこでもデータBOX】データをサーバーに保存する バックアップをとっておく

image_print

≪この記事の内容≫

*どこでもデータBOXとは

*どこでもデータBOXの設定方法

*アップロード方法

*他のPCからデータをダウンロードする方法

 

≪関連記事≫

坪拾い・平兵衛くん共通

どこでもデータBOX設定ができない場合

DDBOX(どこでもデータBOX)のパスワード変更方法

DDBOX(どこでもデータBOX)利用時の【関連ファイル】の使い方

坪拾い…部材登録を反映させる方法

——————————————————————————————————————————————–

どこでもデータBOXとは

【どこでもデータBOX】とは。
データを自動でクラウド保存する新機能です。パソコントラブルの備えに、複数PCでのデータの共有に、PC入替時の物件データ移行作業からの解放にと、益々便利にお使いいただけます。

◎ BOXの特徴

1・自動バックアップ機能
物件を終了するたびに物件をサーバーへアップロードいたします。そのため、バックアップのためにコピーする必要がありません。
利点はこんなとき!
新しいパソコンへの移行したときは必要な物件だけBOXから呼び出すことができます!データをわざわざ移しかえる必要がありません!

 

利点はこんなとき!

パソコンが突然壊れた!ウイルスに感染した!
というときも拾い出しデータは安全です!

 

2・物件内部材登録機能
ダウンロードした物件は部材データが物件専用の部材データになります。
物件を開き、【物件設定】画面より部材登録が行えます。

 

保管は1GBまで無償です。10GBまで月額980円(税別)でご契約いただけます。

※WindowsVista以降のOSのみ対応です。
※ご利用になるにはインターネット環境が必要です。
——————————————————————————————————————————————–

 

どこでもデータBOXの設定方法

1.タイトル画面【カスタマID設定】ボタンをクリック。

2.カスタマIDを入力ください。
3.「どこでもデータBOXを使用する」にチェックください。
4.画面上部【反映】ボタンでパスワードが入ります。(初期パスワードはカスタマIDです。)

%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%9eid%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e9%9d%a21
5.【OK】ボタンをクリック。
これで準備完了!!あとは普段通り拾い出しください。

——————————————————————————————————————————————–

アップロード方法

どこでもデータBOXを設定した直後は、ローカルの物件データが全てアップロードされるわけではありません。

どこでもデータBOXをご利用の際、物件の入力画面を開き、【終了】で閉じたタイミングでアップロードされます。

 

※図面保存だけをした状態で、【閉じる】で終了してしまうとアップロードされません。必ず入力画面まで入るようにしてください。

——————————————————————————————————————————————–

他のPCからデータをダウンロードする方法

1.【スタート】ボタンをクリック。
2.【物件検索】ボタンをクリック。
%e7%89%a9%e4%bb%b6%e8%a8%ad%e5%ae%9a
%e7%89%a9%e4%bb%b6%e6%95%b4%e7%90%86

別のパソコンで作成されたデータを含む物件の一覧が表示されます。
「〇」は自分のパソコンで作成したデータ、
「【DL】」は他のパソコンで作成したデータがあることを意味しています。
目的の物件をクリックで選択し、【物件選択】ボタンをクリック。
物件設定画面に戻ると、選択した物件情報が入っていますので、【作成】ボタンで進んでください。
呼び出しできるのはどこでもデータBOXの利用設定をした後に拾い出し(アップロード)をした物件データのみになります

 

投稿者: 永田