【平兵衛くん】梁入力のポイント・集計

梁を入力するときのポイントです。

≪入力の順番≫
梁は入力の順番に気を付けてください。
梁は3点クリックで入力しますが、クリック①からクリック②までが梁の「長さ」(長手)、クリック②からクリック③が梁の「幅」(短手)になります。

※入力の順番を間違えてしまうと、集計結果で「梁長さ」を出したいときに、短手方向の長さを集計してしまいますのでご注意ください。

≪梁が所属する部屋≫
部屋別に梁の集計を出したい場合は、梁が所属する部屋を間違えないように気を付けてください。
梁の入力中、画面右側に出ている『プロパティ』にて、入力している部屋名が表示されているか、確認してください。

→入力後に、梁が所属している部屋を確認する方法
梁を右クリックし、緑の枠で囲まれた部屋に、その梁が所属しています。入力しているつもりの部屋に所属していない場合、部屋別に梁の集計を見たいときに正しく集計されません。部屋の端に梁がある場合、最初のクリックが部屋から出てしまい、正しい部屋に所属していない場合があります。気になる梁は右クリックで確認してください。

※間違った部屋に所属していた場合の修正方法は、こちらを参照してください。『壁が入力した部屋に入っていない』

≪梁の計算根拠≫
【ツール】【梁面積設定】で、壁や天井の面積に含めるか否かを設定できます。
壁実面積や天井実面積が出る集計結果に影響します。

≪お勧めの集計結果≫
◆『工種別集計』…梁面積か梁長さかのどちらかを選択し、集計を出すことができます。工種別になっており、梁は天井工事のところに出てきます。


◆『部屋別明細』…部屋別、梁の種類別に、長さと面積両方が出ます。


◆「梁下地」のタブ内の集計結果全て…梁の集計のみ詳細に出てきます。梁の各面の面積、全ての面の面積、高さ、長さ等です。


◆「部材拾い」…仕様部位名「梁」に、梁の面積が出てきます。(部材登録の内容によっては長さも出すことができます。)

 




【平兵衛くん】天井高が異なる・下がり壁の入力方法

下がり壁や下がり天井のように、1つの部屋の中で天井高が異なる場合はどう入力すればいいですか?

 

 

集計したい結果にもよりますが、【長さ】を求めたいのであれば、下がり壁として壁ボードを追加する方法をオススメしております。

例えば下の図面のように一面の部屋で、赤線部分を境に天井高が2600mm、2400mmとなっている場合、部屋の上側から下側を見ると天井が下がっています。

これを下がり壁・下がり天井といいます。

 

 

 

この場合、天井の高さが低いだけなので、事務室の天井面積に変化はないですね。

そのため、下がり壁部分だけに壁ボードを追加します。

 

なるほど!でも、その壁ボードはいつ・どうやって追加するんですか?

 

 

手順としては、そのまま部屋をぐるりと囲っていただき、そのあとに下がっている高さ分の壁ボードを追加します。

【壁編集】から【ボード】を選択し、詳細を入力します。高さの違う壁ボードを追加する際は【室連動】をオフにしてください。

(※室連動についてはこちらの記事をご覧ください。)

【高さ】は天井高の差(2600mm-2400mm=200mm)を入力し、属性1に【長さ】を、属性2に【下がり壁】を選択します。

(下がり壁部分に廻り縁を必要とする場合は、【廻り縁を付ける】にチェックを入れてください。追加した壁ボード分の廻り縁が加算されます。)

 

 

すると工種別集計で【下がり壁】として長さ(メートル)を別途集計することが出来ます。

ここで面積を求めたい場合は、属性1は「面積」にしておくと面積(㎡)が求められます。

 

 

なるほど!差分の高さの壁ボードを追加するだけで出来るんですね!

やってみます!

 

天井高が低い部分のボードは壁ボードを分割して、高さを変更してください。

下がり壁部分に下地が必要な場合は、同じ手順で間仕切の入力を行ってください。

壁ボードを分割される場合は こちらをご覧ください。

壁の高さを変更される場合は こちらをご覧ください。

 

 




動画まとめ@平兵衛くん

【図面読み込み】

1.鮮明な図面を取り込む~PDF図面~  2.図面が回転・傾いている場合
3.図面を読み込んで保存する

 

【入力作業】

1.部屋を入力する   2.壁ボードの種類を部分的に変更する

3.間仕切りを入力する 4.開口を入力する

5.集計結果を確認する

 

【細かい部位の拾い】

1.壁編集(袖壁の入力、下がり壁・腰壁を設定する)

2.耐火遮音壁を入力する 3.Mバー下地を入力する

4.梁の拾い出し – 天井編集 – 5.箇所数を拾いだす- 箇所入力モード –

準備中…

 

【図面印刷】

1.拾いだした図面を印刷する←New!! 7/11更新!!

 

【物件整理】
1.物件名を変更する  2.物件をコピーする  3.物件を圧縮・解凍する

 

【部材登録】

1.部材の登録

 

 

1.鮮明な図面を取り込む~PDF図面~

 

2.図面が回転・傾いている場合

 

3.図面を読み込みこんで保存する

 

1.部屋を入力する

 

2.壁ボードの種類を部分的に変更する

 

3.間仕切りを入力する

 

4.開口を入力する

5.集計結果を確認する

1.壁編集(袖壁の入力、下がり壁・腰壁を設定する)

2.耐火遮音壁を入力する

3.Mバー下地を入力する

4.梁の拾い出し – 天井編集 –

5.箇所数を拾いだす- 箇所入力モード –

1.拾いだした図面を印刷する

1物件名を変更する

2物件をコピーする

3物件を圧縮・解凍する

1部材の登録




【平兵衛くん】スケール設定をやり直す

途中まで入力したのに、スケール設定を間違っていたことに気づきました。
最初から拾い直しになりますか?

 

入力の途中でも、スケール設定のやり直しができます。
入力した内容も一緒に正しいスケールに直ります。

 

≪スケール設定のやり直し手順≫
平兵衛くん8、平兵衛くん10、ともに同じ操作になります。
1.【図面】【スケール設定】


2.最初のスケール設定と同じ要領で、寸法が分かっている範囲をクリック、クリックで囲みます。


3.正しいスケールを入力し、【設定】をクリックします。


4.【ok】をクリックして完了です。

≪寸法の確認は【距離測定】で≫
【距離測定】(平兵衛くん8は【マウス距離測定】)で、任意の場所の寸法を確認することができます。
スケール設定を間違えたまま入力してしまった場合、壁ボードの表示が太すぎたり、逆に細すぎたりといった、画面上の表示の違いで気づく場合が多いです。 おかしいと思われたら、【距離測定】で確認してください。
参考:『【平兵衛くん】スケール設定が正しいか確認したい』

 

≪スケール設定の間違いを防ぐポイント≫
スケール設定を間違えたまま進んでしまう事を防ぐには、毎回図面を読み込まれた後に、一部だけ寸法線を表示させておく方法がお勧めです。
参考:『【平兵衛くん】寸法線の出し方』




【平兵衛くん】壁ボードの途中から種類や高さを変更する

一辺のボードの中で柱に面している部分と面していない部分があるが、

柱に面している部分を柱型に変更する場合はどうすればいいですか。

 

 

 

はい、まず柱に面している部分と面していない部分の壁ボードとを分ける必要があります。

壁ボードの分割方法をお伝えいたします、下の手順をご覧ください。

 

手順1

 

 

をクリックし、編集したい壁を右クリック

「壁分割」を選択します。

 

 

手順2

分割方法は2通りございます。

1.数値指定で分割を行う。

2.クリック指定で分割を行う。

まず1.数値指定で分割を行う方法をご説明いたします。

基準点を「始点」「終点」のどちらかを選択します。

※選択されている点が黄色で表示されます。

 

 

この場合「始点」を選択していますので

始点からの長さまでの数値で分割されます。

 

 

 

 

 

 

続いて2.クリック指定で分割を行う方法をご説明いたします。

分割したい箇所をクリックし、OKボタンで分割が行えます。

 

下の図面のように分割されます。

分割していただいたボードをそれぞれの属性や高さに設定いただけます

柱型に変更される壁を選択し、「プロパティ画面」の

「属性2」を柱に変更していただき

【適用】ボタンで柱型に変更できます。

 

 

壁の高さを変更される場合は こちらをご覧ください。




【平兵衛くん】過去に使った室マスターを使いたい/マスターを変更したい

マスターとは…部屋名や仕様名を予め登録してあるデータのこと

 

 

 

以前作った室マスターをもう一度使うことはできますか。

 

はい、出来ます。

 

まず通常通り新規物件を作成します。
図面を取込み、『基本図面』の【エリア作成】押した後に、【マスター選択】画面が出ますので、
「他物件のマスタを使用する」にチェックを入れて
マスタを再利用したい過去物件を選択します。

【決定】します。
過去に使ったマスターが適用されます。

・・・

マスターを設定せずにもう入力画面に進んでしまったのですが…。

 

入力画面からもマスタは変更できます。
ただし、マスターを変更すると入力したものは全て消えますので、入力する前に以下の手順で変更してください。

 

≪マスターの変更方法≫
操作画面左上の【編集】【マスターの管理】をクリックします。


既存のマスターを選択するには「メインマスターを使用する」にチェックを入れて、マスターを選択します。
過去の物件のマスターを利用したいときは「他物件のマスターを利用する」にチェックを入れて、物件名を選択します。
マスターを選択しましたら、【全ての拾い項目】をクリックします。

 

2回警告が出ますが、入力前でしたら問題ありませんので
【OK】で進んでください。※入力したものがあれば全て削除されます。

マスターの変更が適用されます。