【坪拾い】図面がない場合の拾い出し方 / 白紙図面から拾い出す

image_pdfimage_print

<図面がない場合、外壁を拾い出すことは可能ですか?

 

<はい、坪拾いは面の各辺の寸法が分かれば拾い出しが可能となっています。

白紙を取り込んで、寸法を指定しながら入力を行います。

 

今回ご紹介する入力方法は下記のような場合にも活用できます。(※各辺の全ての寸法が分かる場合に限ります。)

◎実測データはあるが、図面がない場合

◎入り組んだ形状の面積を正確に拾いたい場合

◎バルコニーや玄関側面など隠れた面をサイズを指定して拾う場合

 

 

≪白紙の取り込み方法≫

①タイトル画面→【スタート】→作成者名・物件名を入力→【作成】に進む。

 

②下記画面より【寸法入力による物件の作成】を選択。

 

③図面名を選択して【保存】で白紙図面を保存。

 

 

 

≪白紙画面からの面積の入力方法≫

~四角形の場合~

①拾い項目より「面積」を選択し、【四角形サイズ入力】を選択。

②1点2点と対角にクリックして面を入力。(サイズは適当で構いません。)

→「四角形サイズ変更」画面にて、数値を実寸サイズに打ち直して【OK】で確定。

 

~多角形の場合~

①拾い項目より「面積」を選択し、【多角形サイズ入力】を選択。

②始点をクリック。

③「面積:辺入力」画面の「長さ」へ各辺の寸法を入力し、伸ばしたい方向の方向キーを押す。

(最後は【Enter】で辺を閉じることが出来ます。)

 

 

<開口についても同様の入力方法となります。

開口の配置場所が分かる場合は、グリッドの配置をおすすめします。

グリッドの使い方についてはこちらの記事こちらの動画をご覧ください。

投稿者: 永田