【平兵衛くん】振れ止め・ブレース補強は拾えますか?

image_pdfimage_print

<天井の懐が1.5メートル以上の場合、振れ止め(ブレース)という補強の部材が必要になります。

そのような場合の設定や入力方法はありますか?

 

<平兵衛くんでは、天井に対して懐の高さの設定が出来ないため、正確な拾い出しは難しくなっています。

しかし、部材登録や箇所入力の機能を使って、代用することが出来ます。今回はその方法を2通りご紹介します。

 

※それぞれの方法にはメリット・デメリットがありますので、
しっかりとご確認いただき、どちらかの方法での代用をお願い致します。

 

 

1☆係数を利用して、部材登録から数量を求める方法

 

<1?あたりの係数が分かれば、部材登録で設定することが出来ます。

根拠を実面積・計算式を1/係数で設定してください。

メリット

・部屋を囲むだけで拾い出すことが出来る。(複数部屋がある場合も、下地に登録していれば作業は囲むだけ。)

 

デメリット

・実際に割付する数量と誤差が生じる可能性がある。(天井の実面積に対して係数から数量を求めるため。)

・割付を印刷することが出来ない。(図面上に表記出来ないため。)

 

 

 

 

2☆箇所入力を利用して、図面に場所を割り付ける方法

 

<もうひとつの方法は、図面に直接入力する方法です。

箇所入力ライン入力という機能を使って、間隔を指定し、実際に補強される場所を示す方法です。

 

箇所のライン入力とは…始点(1点目)と終点(2点目)をクリックすると、その範囲内に指定した間隔で箇所を入力する機能です。

 

【箇所入力】のモードに入り、【ライン入力】にチェックを入れ、間隔を設定します。

1点目と2点目をクリックすると、その間に設定した間隔で箇所が入力されます

メリット

・実際に図面の寸法から割付位置を割り出し、数量を求めることが出来る。

・割付を印刷することが出来る。

 

デメリット

・入力の手間がかかる。(自動で配置出来ないため、全て手動で入力する必要がある。)

 

 

投稿者: 永田