【平兵衛くん】天井高が違う場合の入力の仕方

image_pdfimage_print

下がり壁や下がり天井のように、天井高が違う場合はどうやって入力すればいいですか?

 

 

集計したい結果にもよりますが、【長さ】を求めたいのであれば、下がり壁として壁ボードを追加する方法をオススメしております。

 

 

え!壁ボード追加だけでいいんですか?

 

 

はい。例えば下の図面のように一面の部屋で、赤線部分を境に天井高が2600mm、2400mmとなっている場合。

上側から下側の天井を見ると、天井が下がっています。これを下がり壁・下がり天井といいます。

 

 

この場合、天井の高さが低いだけなので、事務室の天井面積に変化はないですね。

そのため、下がり壁部分だけに壁ボードを追加します。

 

なるほど!!!でも、その壁ボードはいつ、どうやって追加するんですか?

 

 

手順としては、そのままぐるりと部屋を囲っていただき、そのあとに下がっている高さ分の壁ボードを追加します。

【壁編集】から【ボード】を選択し、詳細を入力します。高さの違う壁ボードを追加する際は【室連動】をオフにしてください。

【高さ】は天井高の差(2600mm-2400mm=200mm)を入力し、属性1に【長さ】を、属性2に【下がり壁】を選択します。

(下がり壁部分に廻り縁を必要とする場合は、【廻り縁を付ける】にチェックを入れてください。追加した壁ボード分の廻り縁が加算されます。)

 

 

すると工種別集計で【下がり壁】としてメートル数を別途集計することが出来ます。

ここで面積を求めたい場合は、属性1は面積にすると面積が求められます。

 

 

なるほど!差分の高さの壁ボードを追加するだけで出来るんですね!

やってみます!

 

 

天井高が低い部分のボードは壁ボードを分割して、高さを変更してください。

壁ボードを分割される場合は こちらをご覧ください。

壁の高さを変更される場合は こちらをご覧ください。

 

 

投稿者: 永田